勝てそうな気配がある時だけの勝負に徹する

リスクを限りなく低く設定して勝負する

相場は予想に反するということを前提にトレードする

FXのトレード方法に絶対勝てる手法なんてものは存在しません。むしろ、相場に勝つことの方が珍しいくらいの気持ちで取引して欲しいものです。ギャンブルみたいに一か八かのトレードではいけません。大きく勝って、負けは極力小さくというのが賢いトレード方法です。

相場で勝つために必要な思考とは

勝てるときにだけトレードする

FXで勝つポイントは?と聞かれたら、「勝てる確率が高いときだけトレードする」ということでしょうね。 相場が反対方向に動きそうかもしれない・・・、まあまあ大丈夫だろうなどと、中途半端な気持ちだったり、気持ちに迷いがあったりする場合は、取引をしないことが重要です。負けがこんでいるときは、なかなか負のスパイラルから脱出できないものです。

マイナスを取り戻そうとして、すぐにポジションを持ってトレードを繰り返すと、正常な判断ができなくなってしまうこともあり、経験上良いことがありません。

FX初心者によくある、ビギナーズラックで1度でも利益を出したことがあれば、そのおいしい経験が頭をよぎり、二匹目のドジョウを期待してしまい、勝つまでトレードをやって、証拠金をぶっ飛ばしてしまうトレーダーも実際にいるのです。

負けを取り戻したくなるのは、なにもFX初心者に限りません。負けたままの喪失感や不安感は投資家であれば、誰にでも存在する可能性がある心情なのです。実際の相場は、思惑通りに動かないということを理解して、勝てるときにだけの勝負に徹するという、「相場を休む」心構えも大切です。

「勝負は勝てるときだけ」というのは、できるだけリスクの低いタイミングを見計らってということになります。

リスクの低いトレード方法

投資で利益を狙うのに、全くリスクがないというものはありません。FXも例外なくリスクはありますし、リスクゼロだったら投資家全員が億万長者ということになります。大きなリターンがある分、しっかりリスクもあるのです。

しかし、そのリスクを知ってさえおけば、できるだけリスクの低いトレード方法というものが見えてきます。

たとえば、高値圏ではショートポジションとる。あるいは安値圏ではロングポジションをとる。
といったことが基本になります。

日足チャートにより価格帯上下の予想レンジをたて、その範囲内でポジションを取り、その範囲内で利益確定をするといった戦略です。予想レンジからはずれた場合にポジションをとると、更にリスクは減らせるでしょう。予想レンジ外でポジションを取れた場合、利益幅が広がることになります。

相場の予想は外れて当たり前

為替相場は生き物とさえ呼ばれるものですから、そうそう思惑通りには動いてくれません。
このことを常に意識しながらトレードする必要があります。

予想レンジの安値圏でロングポジションを持ったとしましょう。
予想外に下落をたどってしまったら「即損切り」という手も悪くはないのですが、上下動が当たり前の相場で、予想レンジ外にいったらすぐさま手仕舞いをしているようでは、損切り貧乏になってしまいます。

下落要因がサブプライムローン並みの大きな問題であれば、長期的な下落になると予測を建て、早めに手仕舞いするのは当然でしょう。しかし、リーマンや一流企業の破綻程度では、過去のチャートを見れば分かるように、下落は一時的なものに納まるのです。

こうした場合は、「即損切り」はせず、相場の様子をうかがいながら、価格が元に戻るという予測を建てて買い持ちしておくということも一つの手です。ただし、一時的な下げに対し、強制ロスカット対象の価格になってしまう場合は、その前にロスカットしておくことです。少しでも損失を減らすことが重要です。

FXに勝つためのツール

トレードで勝つコツは、「相場が上昇する局面では安いところで買って高いところで売る、下降する局面では高いところで売って安いところで買い戻す」ということです。

この、「高いところ」「安いところ」という相場の状態を知るために、状態を知るためのツールを利用します。
このツールを上手く使いこなせると、売買のタイミングを的確につかめるようになります。

状態を知るツール

相場の状態を知るツールは、一般的に「オシレーター系指標」と呼ばれ、統計的な手法を用いて、価格の動きから相場の強弱を計算し、現在の相場の状態がどのようになっているかを分析します。

コンピューターの発達と共にさまざまな「オシレーター系指標」が開発されていますが、代表的なツールとして

  • RSI(相対力指数)
  • ストキャスティックス

があります。